自分に合ったお仕事をしよう|日本に必要な影武者

効率よく稼ごう

タクシーで稼いでいる方の他の人とは違う考え方

タクシー会社の給料体系はご存知ですか。 タクシー会社の給料は「低い固定給とほとんどが歩合制」で成り立っており、成果主義が強くでる給料体系となっています。ここには、ベテランの方も若い方も歩合は一緒です。 タクシードライバーの中には、年収1000万円稼ぐ方もいれば、年収が300万円未満の方もいます。 この方たちの違いはどこにあるのか見ていきたいと思います。 大きく稼いでいる方たちは、考え方と戦略が違います。まず、人の行動パターンを考えタクシーを利用する方はどのような行動をするかを考えます。ここはサラリーマンが多くランチはここが人が多く集まるなどの情報を集め、仕事に生かします。 また、別の方はここは大手会社で勤務する会社員が住んでいる高級マンションで、出張に向かう時間帯を調べ待機するなど稼いでいる方はやはり戦略が大きく違います。 興味がある方は、求人情報誌のタクシー求人やインターネットでのタクシー求人、タクシーを利用する際にもタクシー求人の広告を見かけると思うのでぜひ挑戦してみてください。

タクシーの料金メーターの秘密

最近色々なところでタクシー求人の広告を見かけますが、タクシードライバーを目指す方も知っておくと生かせる情報をお教えします。 降りる直前に料金メーターが上がったと悔しいというか、損をしたと思った経験をされた方多いのではないでしょうか。実際タクシードライバーの方はあと少し走れば料金があがるということを知っている仕組みになっています。最近は見やすいように表示しているタクシーもあると思いますが、実は料金メーターには料金のほかに横棒のバーみたいなのがあり、そのメーターが徐々に減り最終的になくなると料金があがる仕組みになっています。 お客様は実際金額しか目に入らないので、直前料金が上がり悔しい思いや損した気持ちになるのです。しかし、知っている方は1メーターの金額の大きさを知っているので手前で降ろしてもらったりします。もちろんタクシードライバーは真逆の考えなのでうまく利用し、少しでも稼ぎます。すべての方がそういう考えではないですが知っておくと良いと思います。 興味がある方は、タクシー求人見かけたら挑戦してみてください。